目の疲れ

ブルーベリーで目の健康を保とう|サプリで手軽に摂取できる

目の健康のために

三人の男性

進む視力低下

日本人は近視の遺伝を持っている人が多いため元々視力の良い民族ではなく、国民のおよそ7割もの人たちがメガネやコンタクトレンズなどの視力矯正器具を使用しているというデータがあります。そして近年のパソコンやスマートフォンの普及によって、ますます視力の低下など目の健康が不安視されています。視力の低下の予防や目の健康のためには、パソコンやスマートフォンの使用を控えることが最も効果的な対策とされています。しかし仕事や勉強などでパソコンやスマートフォンを使用している場合には使用を控えることは難しい状況です。そこでパソコンやスマートフォンを使用しながらも視力の低下を予防し、目の健康を保つ対策について説明していきます。

セルフケアで対策できる

まず視力低下の予防や目の健康のためには目薬の使用、目を温める、ブルーベリーのサプリメントの摂取が効果的です。目薬は非常に手軽なケア方法で、目薬をさすことによって目に栄養を与え眼精疲労を和らげる効果が期待できます。目を温める方法は蒸しタオルを1分〜2分程度目の上に乗せるだけの方法で、目を温めることで血行が良くなり眼精疲労に効果があります。そして最後にブルーベリーのサプリメントがオススメな理由は、アントシアニンという視力回復に有効な成分が多く含まれていることがあります。ブルーベリーをそのまま食べてもアントシアニンは摂取できますが、より多くのアントシアニンを摂取するためにはブルーベリーを食べて摂取するよりもサプリメントからの摂取が効率的です。サプリメントはアントシアニンが凝縮されています。また、タブレットタイプである商品が多く、外出先へも気軽に持ち運びして、摂取可能となっています。